12月26日 稽古ブログ

12月26日 稽古ブログ

顔が痛い、指先が痛い、足の甲が痛い。冷気がとげとげしい。

そんなことを感じる仕事納めでした。

顔周りの防寒具と眼鏡の相性の悪さ、そろそろ文明の助力を得て大進化してほしいのですが、いかがでしょう。

油断すると視界はまっしろ、見えねば進めませんので、防寒具を外さざるをえません。

そうしますれば、なんとなんと、想像を超える極寒がお出迎え。

床暖最高(逃避)。

TIMです。

 * * *

本年最後の稽古では、短編台本をやりました。

久しぶり台本稽古! 元気してた? 会いたかった!

演劇といえば台本なイメージが強いし、実際肝ではあるんですが、基礎稽古は大切です。

しかしそれでも色褪せぬ台本稽古の魅力! 好きだ!!

台本片手に相手と掛け合い。動きも頑張ります。

公演稽古でも通る道。これがなかなか難しい。

けど、演劇はじめましてって方が『演劇してる……!』って実感がわいてくるのはたぶんココ。

たぶん。

初演劇の年齢<1/2×今の年齢 だから記憶が曖昧すぎて自信がありません。

まあ、いずれにせよ、超楽しいです。

というわけで、演劇とはそこそこ息の長い付き合いをしている私ですが、昔も今も確実に苦手としていることがあります。

「きれいな姿勢を保つこと」

油断するとすぐに肩が丸まり、見事な猫背の出来上がり。油断、というのは台詞や動きに熱中している時も含みます。

すごく猫背、というほどではないにしろ、見映えが変わることもあるので気にしたいところ。

では逆に得意なことはなんだろう、と考えました。

「舞台上で勢いよく転がること」

小雪での実績(?)から、真っ先にこれが浮かびました。

(ピンと来たそこの方、第四節気公演へのご来場ありがとうございました)

これからも精進します( •ω- )☆

 ✩:∵(°ε°((⊂(`ω´∩)

今年も残り三時間。

演劇をしている団体としては歯がゆい思いもしましたが、その中でも楽しく、演劇できました。

新しい仲間も増えましたしね! やったー!!

だからこそ、来年こそは。

来年こそは!!

今年もありがとうございました。

よいお年を。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

以上、TIMでした。