11/7 稽古ブログ『”斬り”』

11/7 稽古ブログ『”斬り”』

お久しぶりです!永遠の期待の新人、マサです!
そろそろこの自称に異論が届き出しておりますが、決して認めません。

この日の稽古では、刀を使った殺陣を、より実戦的に、カッコよく見せる方法を最初に練習しました。

やっぱり難しいんですよね。
だって日常生活で人を斬ることなんてないですし。。。
それでも舞台では、今まさに目の前で斬り合いが行われているかのように演じる方々がいる、尊敬です。

普段しない行動を、いかに本当に見せるか。
7割のリアルに3割の誇張で出来上がってるのでは無いかと思います。
たとえば、舞台で使う刀は長さや形は同じですが、重さは全然違います。
しかし時代劇等の殺陣では、刀に重さがあるように演じています。
ここが少しでも重すぎたり軽すぎたりすると、見る人によっては違和感に繋がります。

役者の人ってそれを的確にドンピシャの重さを作り出すので、すごいなと。。。

僕はもともと踊りをやっていたので、体捌きには自信があります。
しかし、体を軽く見せるダンスと重さを演出する殺陣では真逆の考え方なのでまだまだ鍛錬が必要です。

精進して参ります。

と言ったところで、このブログも"キリ"がいいのでは無いのでしょうか。

今後とも、小雪をよろしくお願いいたします。

【Twitter】@show_setsu
【Instagram】@gekidan_show_setsu

舞台情報や団員の呟きはこちらから!
是非フォローお願い致します!