鳴哭谷 終演ブログ 【渚】

鳴哭谷 終演ブログ 【渚】

皆様、こんにちは!

今回テンコ役を務めました渚です!

劇団小雪第四節気

「鳴哭谷」

無事に終幕いたしました。👹

本番が終わり1週間が過ぎた今、

ようやく「終わったんだぁ…」という実感が湧いてきました。

今回、いただいた役テンコは姫とは思えないほど天真爛漫で純粋な女の子でした。

さらに、恋に恋しているせいなのか恋愛に対する価値観がどこかズレていて、「恋は、シャボン玉」とか言っちゃう女の子でもありました(笑)

自分とはあまりにもかけ離れた存在であるテンコを演じるにあたり、たくさんの壁にあたってくじけそうにもなりましたが、周りの皆さんの支えやアドバイスがあり最後までやり遂げることが出来ました。

そして何より、公演中テンコを観ていただいたお客様の笑い声や暖かいお声が公演中の力の源となり、千秋楽までテンコとして走り抜けることができました。本当にありがとうございました。

さて、今回の公演で一番思い入れがあったシーンは母であるセイコとの別れのシーンです。それまで、笑顔いっぱいで何も知らなかったテンコが全てを悟り母を無くす恐怖と悲しみに襲われる場面です。

お稽古中から公演が終わるまで、どんなテンコでもそれに負けないお母様で向き合ってくれるので、安心してその時のテンコを演じることができました。

このシーンは本当に心に残っています。

小雪に入団してから、執事に姫。色んな役をいただきました!

いよいよ、来年は劇団小雪5周年というおめでたい年です!

どんな公演になるのか今から楽しみです!

皆様もお楽しみに…!

個性いっぱいのアゲハ国の家族の一員となれて心の底から幸せでした…!

2019.11.1 テンコ役 渚