8月25日 稽古ブログ

8月25日 稽古ブログ

こんばんは。

お初にお目にかかります、TIMです。

タイトルの通り、先週の稽古のお話です。

遅くなってしまい、大変申し訳なく……。

さて25日の稽古は12時〜20時、いつもより長丁場でした!

いつもより2時間長いと、終えた後の感覚はずいぶんと違います。

私はあまり動き回る役どころではありませんが、それでも終わったあとはいつもより多めにぽけーっとしました。

この日を終えて、残りの稽古回数は両手で数えられるようになりました。

精進・精進・精進です。

稽古場は明るく見通しもよいのですが

本番の舞台上には遮蔽物があり、舞台裏も暗闇などなど、練習とは違うことがたくさんあります。

お話のテンポや殺陣の流れ、細かなところを詰めつつ、そういったことを想定しての試行錯誤が続いています。

精進・精進・精進です。

さて話変わって、刀のお話をさせてください。

もちろん劇の小道具のことです:(;゙゚’ω゚’):

8月某日、刀の加工・修繕をします、という日がありました。

購入した竹光をそのまま使っているのではなく、加工しているということは聞いていたものの

具体的に必要な「作業」については、新参者であることも手伝ってサッパリ検討がつかず。

どうやら大変らしい、そんなふわっとした認識で臨みました。

仔細は省きますが、大変でした。

パーツごとにバラして、ひと手間・ふた手間、合間に鞘へ塗装をほどこして、刃を仕上げ、組み立て直す。

かんたんに言い表すことしかできないのが口惜しいところ。

この作業は公演のたびにやっていることだそうで、塗装も、役の衣装等々をふまえて決まっていきます。

作業を経るごとに「刀」になっていく様は、壮観でした。

稽古で衣装を着た「持ち主」がそれを携える様も、感慨深く。

今回の公演でも随所に盛り込まれた殺陣、その要のひとつである刀。

ぜひその目でご覧いただきたく。

つまりは、ぜひ、お越しください!

以上、TIMでした。

* Twitter *

@show_setsu

* Instagram *

gekidan_show_setsu

* 公演情報 *

「鳴哭谷」

日程: 2019年10月19日(土)・20日(日)の2日間

場所:池袋 シアターKASSAI